老人医療 引越し後 手続き

老人医療の手続き

引越し後の手続きとして老人医療があります。
老人医療費助成制度とは、老人医療費受給者証の交付を受けた方が医療機関などで治療を受けた際の医療費を国民健康保険または健康保険(社会保険)などで負担した残りの個人負担分の一部を助成し、受給者の費用負担を軽減する制度です。
平成20年4月から、国保や社会保険などから発行されていた保険証と市町村が発行していた老人医療受給者証が一つになって、後期高齢者医療制度独自の後期高齢者保険証が1人に1枚交付となりました。
<老人医療申請>
後期高齢者医療制度は広域連合が運営していますが、申請や届け出などの窓口業務は市町村役所が行いるので、転入届を済ませたら老人医療の申請手続きを行って下さい。

<届出先>
新住所地の市区町村役所

<届出期限>
引越した日から14日以内です。

<受給資格>
国民健康保険や社会保険などの医療保険に加入していて、次のいずれかに該当する方。
・75歳以上の方
・65歳以上で一定の障がいのある方(政令で定める程度の障がいのある方)
(身体障がい者手帳1〜3級と4級の一部の方)
(療育手帳の判定が「A」の方)
(精神保健福祉手帳の1・2級の方)
(国民年金法による障がい年金の1・2級に該当する方)

<必要なもの>
・健康保険証
・印鑑 ・障がいの状況を証明する書類(75歳未満の方のみ)
・老人保健法による負担区分証明書(転入の方のみ)
・転出証明書(転入の方のみ)

<助成資格取得日>
・申請日の翌月の1日から適用になります。
(申請日が1日のときはその月から適用)

<対象除外者>
・生活保護受給者
・重度(精神)障害者医療費助成受給者
・母子家庭等医療費助成受給者
・高齢重度(精神)障害者医療費助成受給者

オーダーカーテン おすすめ情報

カーテンのことならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】
オンラインのオーダーカーテンならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】におまかせ!
生地見本を無料で送付してくれるから、安心して注文できます。

おすすめ情報を見る



インテリア おすすめ情報

ゲキカグ
おしゃれな家具をお安く購入するなら「ゲキカグ」がおすすめです。
家具メーカー直販店だから実現できる低価格で、さらに全ての商品が送料無料です。

おすすめ情報を見る


引越し後手続き関連情報