老齢福祉年金 引越し後 手続き

老齢福祉年金の手続き

引越し後の手続きとして老齢福祉年金があります。
老齢福祉年金は、国民年金制度が発足した当時(昭和36年4月)、すでに高齢であったために、老齢福祉年金の受給資格期間を満たすことができない人に対して支給される年金です。
転入手続き完了後に老齢福祉年金の申請も一緒に済ませてしまいましょう。
<届出先>
新住所地の市区町村役所

<届出期限>
引越した日から14日以内です。

<受給資格>
大正5年4月1日以前生まれの93歳以上の人が対象
・明治45年4月1日以前(期間4年)
・明治45年4月2日〜大正2年4月1日(期間5年)
・大正2年4月2日〜大正3年4月1日(期間6年)
・大正3年4月2日〜大正5年4月1日(期間7年)

<支給月額>
平成21年4月現在の年金額は405,800円(月額33,816円)です。
ただし、本人または扶養義務者の収入が一定額以上の場合は、全部または一部が支給停止されます。

<支給制限>
老齢福祉年金は、全額国の負担によって支給されるため、受給権者本人や配偶者・扶養義務者の前年所得や本人の公的年金受給状況によって支給の制限が行われます。

<支払時期>
毎年4月・8月・12月(受給権者が請求した場合11月)の3回

<必要なもの>
・国民年金証書
・印鑑 ・所得証明書

※必要書類等は市区町村役所で違ってくるので、国民年金課又は各総合支所市民福祉課(保健福祉課)に電話等で問い合わせて下さい。

新生活準備 おすすめ情報

楽天
新生活に買い忘れはございませんか?
家具から小物まで、楽天市場なら必要なものが何でも揃います!
こちらで新生活のマストアイテムをチェックしてください!

おすすめ情報を見る



インテリア おすすめ情報

ゲキカグ
おしゃれな家具をお安く購入するなら「ゲキカグ」がおすすめです。
家具メーカー直販店だから実現できる低価格で、さらに全ての商品が送料無料です。

おすすめ情報を見る


引越し後手続き関連情報