乳幼児医療 引越し後 手続き

乳幼児医療の手続き

引越し後の手続きとして乳幼児医療があります。
乳幼児医療とは、乳幼児の健やかな育成支援の向上と福祉の増進するために、乳幼児にかかる医療費の一部(保険適用内)を助成しています。
ただ、乳幼児等医療費制度は養育者の所得が所得制限限度額の範囲内であることに限られ、所得制限限度額は扶養の人数により決定されますが、所得制限限度額は変更されることもあります。
また、乳幼児等医療費助成制度は、市区町村によって助成内容や受給資格が違ってきます。
<乳幼児医療申請>
転入届を済ませたら福祉課等で乳幼児医療費受給資格内容等変更届に受給資格証を添え申請手続きをして下さい。

<届出先>
新住所地の市区町村役所

<届出期限>
引越した日から14日以内です。

<受給資格>
・現住所に乳幼児等の住所があること
・乳幼児等が健康保険に加入していること
・養育者の所得が所得制限限度額未満であること

<必要なもの>
・健康保険証(対象となる乳幼児等の名前が記載されたた健康保険証)
・印鑑 ・課税事項記載証明書(所得証明書)

<助成資格取得日>
・転入した月に申請をした場合は、転入日から該当します。
・転入月の翌月以降に申請をした場合は、申請月の1日から該当します。

<対象除外者>
・生活保護受給者
・中国残留邦人等自立支援法による支援給付を受けている人
・母子家庭等医療、障害者医療の対象者
(3歳未満で乳幼児等医療の所得制限内であれば自己負担のない乳幼児等医療を適用)
・1歳〜小学3年生で、保護者・扶養義務者の所得が制限額を超えている人
(0歳児には所得制限はありません)

<制度の優先順位>
・乳幼児等医療と母子家庭等医療では、母子家庭等医療が優先となります。
(該当する子供が3歳未満の場合は、一部負担金のない乳幼児等医療を優先します)
・乳幼児等医療と障害者医療では、障害者医療が優先となります。
(該当する子供が3歳未満の場合は、一部負担金のない乳幼児等医療を優先します)
・3歳以上の乳幼児等医療と母子家庭等医療又は障害者医療では、受給できる期間の長い母子家庭等医療や障害者医療が優先となります。

新生活準備 おすすめ情報

楽天
新生活に買い忘れはございませんか?
家具から小物まで、楽天市場なら必要なものが何でも揃います!
こちらで新生活のマストアイテムをチェックしてください!

おすすめ情報を見る



インテリア おすすめ情報

タンスのゲン
「タンスのゲン」は、家中のいろんな家具が揃うお店。
全て送料無料で、即日発送商品もたくさんあります。
激安家具やアウトレット家具がいっぱいです。

おすすめ情報を見る


引越し後手続き関連情報