転居届 引越し後 手続き

転居届の手続き

引越し後の手続きとして転居届の提出があります。
同一市区町村役所内で住所がかわることを「転居」といいます。
他の市区町村役所へ引越しする時は旧住所地の役所で転出届を提出して、新住所地の役所で転入届を提出する2回の手続きが必要でした。
転居の場合は、その市区町村役所で転居届を1回するだけで完了します。
<転居届>
引越して住み始めた日から14日以内に転居届を出さなければいけません。
引越しする日の約2週間前から受け付けているので、なるべく引越しする日までに届け出ましょう。

<届出者>
基本的には引越しする本人か世帯主が提出します。
転勤などで家族みんなが引越しする場合は、代表者の「妻」が提出することも可能です。

<代理人提出>
転出届は代理人でも行えますが、委任状と届出者の本人確認書類(免許証、保険証など)が必要です。
正式な委任状は「代理権授与通知書」といい、委任する本人が全てを記入し、本人自署・押印しなければいけない。

委任状の決まった書式はなく、必要事項を便箋などに記入すればよい。
市町村によっては、委任状の書式をホームページからダウンロードすることも可能です。

<手続きに必要なもの>
印鑑
<14日以内に届け出ない場合は?>
「住み始めてから14日以内に転入届をしない者は5万円以下の過料に処する」と法律で決まっていて、過料は簡易裁判所の判断になります。
過料に決まったら裁判所から本人に直接通知が届くので、市区町村役所では誰が過料を求められているのかわかりません。
届出期間を過ぎてしまったら全部が全部過料を求められるということではなく、届出期間を過ぎた長さと理由で判断するようです。

収納用品通販 おすすめ情報

テンマフィッツワールド
収納ケースには長年愛されている「Fits」シリーズはいかがですか?
「天馬」の収納用品通販サイトには、用途に合わせた収納用品がそろっています。
役立つ収納のアイデアもこちらでチェックできますよ!

おすすめ情報を見る



インテリア おすすめ情報

タンスのゲン
「タンスのゲン」は、家中のいろんな家具が揃うお店。
全て送料無料で、即日発送商品もたくさんあります。
激安家具やアウトレット家具がいっぱいです。

おすすめ情報を見る


引越し後手続き関連情報