印鑑登録 引越し後 手続き

印鑑登録の手続き

引越し後の手続きとして印鑑登録があります。
印鑑の登録申請は本人が直接するのが原則なので、本人が登録する実印を持参して下さい。代理人に依頼する時は、委任状または代理人選任届と代理人の印鑑が必要となります。
登録する実印は1人1個に限られていますし、1個の実印を2人で登録することもできません。
<届出先>
住所地を管轄する市区町村役場

<届出者>
本人が直接するのが原則です。

<代理人提出>
代理人でも行えますが、委任状と届出者の本人確認書類(免許証、保険証など)が必要です。
正式な委任状(代理人選任届)に委任する本人が全てを記入し、本人自署・押印しなければいけない。

市町村によっては、委任状の書式をホームページからダウンロードすることも可能です。

<手続きに必要なもの>
登録する実印と身分証明書(顔写真入りの公的な証明)が必要です。

<登録できる実印の数>
1人につき1個です。
1つの実印を夫婦でそれぞれ登録はできません。

<登録できる実印の種類>
・本人の氏名を表しているもの。
・本人の氏または名のいずれかを表しているもの。
・印鑑の縦および横の大きさが8ミリメートル以上25ミリメートル以下のもの。

<申請した日に登録できる場合>
登録する本人が窓口に来て、官公署の発行した免許証(運転免許証など)、許可証、身分証明書等に、本人の顔写真を貼付し浮出しプレスによる証印のあるもので、有効期間内にあるものを提示したとき。
または、本市においてすでに印鑑登録をしている人に署名し、実印を押印してもらい本人であることが保証されたとき。

<申請した日に登録できない場合>
登録申請の際、本人であることの確認ができないとき。
または、代理人に依頼されたとき。

<印鑑登録証明書の交付>
印鑑登録証明書の交付申請の際には、印鑑登録証、窓口に来る人の認め印、印鑑登録証明書交付申請書(用紙は市民課窓口にあります)が必要です。
代理人申請の場合も委任状は必要ありませんが、必要な人の住所・氏名・生年月日を正確に記入できなければ交付できません。

新生活準備 おすすめ情報

楽天
新生活に買い忘れはございませんか?
家具から小物まで、楽天市場なら必要なものが何でも揃います!
こちらで新生活のマストアイテムをチェックしてください!

おすすめ情報を見る



インテリア おすすめ情報

ゲキカグ
おしゃれな家具をお安く購入するなら「ゲキカグ」がおすすめです。
家具メーカー直販店だから実現できる低価格で、さらに全ての商品が送料無料です。

おすすめ情報を見る


引越し後手続き関連情報