転居通知ハガキ 引越し後 手続き

転居通知ハガキの作成

引越し後の手続きとして転居ハガキの発送があります。
転居ハガキは親しい人たちへの報告という役割だけではなく、相手との大切なコミュニケーションの一つなので、引越し後の音信不通だけは絶対に避けましょう。
また、郵便局に転居届けを出しているから、引っ越してから1年間は郵便物の転送をしてくれるし、転居ハガキを出さなくても手紙が届かないというわけでもないんだからと思わず、大人の礼儀として、特に普段連絡を取らないような人には出しておくのが良いと思います。
しかし、引越しが終わった後で、引越し(転居)ハガキを作ろうとしても、荷物の整理などで手がつけられない場合があると思います。
なので、できれば引越し前に準備しておくのがよいかもしれません。
今ではパソコンで手軽にハガキを作ることが出来ますが、忙しくて無理な場合は印刷屋さんに頼むという手があります。
ただ、出来上がるまでに1週間くらいみておく必要があります。

毎年、年賀状のやりとりをしている人や、現在お世話になっている人、仕事関係で付き合いのある人などに対して、引越し後3ヶ月くらいまでに報告できるように投函するのが望ましいです。


<いつまでに?>
引越し後3ヶ月くらいまでに報告。
できれば、引越し後1週間以内が望ましい。

<転居ハガキの作成>
できれば手書きが良いですが、引越し前は忙しいし、枚数が多くなれば時間的に難しくなるので、パソコンとプリンターなどを利用して作成しましょう。
また、業者に注文する場合は、遅くても引越しの2〜3週間前までに注文し、引越し前までには受け取れるようにしておきましょう。

<転居ハガキの書き方>
引越しハガキには新居の住所・電話番号・PCアドレスなども入れましょう。
文章は自分で考えたオリジナルのものが良いですし、引越しの理由(転勤・結婚・就職・進学)を添えるのもいいと思います。

転居通知ハガキ作成 おすすめ情報

挨拶状.com
転居ハガキの作成なら「挨拶状.com」におまかせ!
引越し後の忙しい時期だから、インターネットで手軽にオーダーできる挨拶状.comで作成してみませんか?
デザインも様々に取り揃えています。

おすすめ情報を見る


引越し後手続き関連情報